ハクビシン生態と被害

ハクビシンの生態

≪生態≫

ハクビシンは、ジャコウネコ科の動物で、日本列島ほぼ全域に生息をしています。
胴体は約60cm、尾長は約40cmで全長1mほどです。

≪特徴≫

顔の中心に白い線があるのが一番の特徴であり、名前の由来にもなっています(白鼻芯)。
足指の数が前後5本であるため、足指が4本のタヌキ、ネコ等とは、足跡で見分けることができます。
ハクビシンはグレーや薄い茶色のものが多いですが、汚れのために黒く見えるハクビシンも多くいます。

≪習性・行動≫

夜行性で木を登るのが上手で樹上生活もします。
果物や種子などの植物を食べるのが中心だが、雑食性でカエルや鳥、虫など小型動物を食べることもあります。 年に1回の出産で1~4匹の子を生みます。

ハクビシンの生態

ハクビシンの生態

ハクビシンの生態


※ハクビシンは野生動物で、鳥獣保護法(鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律)により保護されており、みだりに捕獲等を行うことができません。


ハクビシンによる被害

≪騒音≫

家屋の天井裏に侵入することが多く、巣を作り天井裏で生活します。 夜行性ですので、人が寝静まる頃から動き出し、睡眠を妨げられます。
ハクビシンが天井裏で活動することで、天井が歪んだり、天井が抜ける被害も発生しています。

≪臭い≫

排便・排尿により、異臭がしたりマーキングで臭い付けをする場合もあります。
一定の場所にまとまって排泄しますのでシミや異臭の原因になります。また、排便・排尿は様々な感染症や食中毒の元となります。

≪ダニ・ノミ≫

ダニやノミが寄生しており、家庭内に飛び散り住人に被害をもたらします。 女性や小さなお子様は肌が柔らかいので特に刺されやすく、肉体的・精神的に被害は大きいです。
また喘息やアトピー等を引き起こすアレルゲンになります。

ハクビシンによる被害

ハクビシンによる被害

ハクビシンによる被害

まずは、ご相談ください!

メールでのお問い合わせ

トリプルエーチャンネル

メディア取材・講演依頼の方はこちら

projectNext あなたと被災地をつなぐ「顔が見える支援」

採用情報

ページ上部へ戻る